和歌山 工務店
  1. 和歌山で家を建てる
  2. いい家建てよう

いい家建てよう 家づくりを成功させるための基礎知識と、私たちの姿勢が書いてあります。

和歌山の新築 家を建てるお金いくらかかる?

住んでから必要な税金と維持修繕費、
リフォーム費用

住んでから必要な税金と維持修繕費、リフォーム費用

 固定資産税や都市計画税などの税金が毎年必要なのはもちろんですが、快適な暮らしと住宅の資産価値を維持するためにも、マンションのように「修繕積立金」の予算を取っておくことをお薦めします。ローン月額を決める時には、税金と修繕積み立ての額を忘れないようにしてくださいね。

 もし今毎月8万円の家賃を払い、家を建てるために2万円の積み立てをし、駐車場代に1万円払っておられるなら、それをそのままローンの返済と住んでからの家の修繕積立金と税金の積み立てとに移行されるのが良いでしょう。
つまり、ローン返済8万円、修繕積立に2万円、税金に1万円、という訳です。

●修繕積立金はどれくらいの額?

ローン期間として比較的多い30年間での修繕計画を立ててみましょう。 例えば・・・・

・外部塗装(コーキング打ち替え含む)
   10年ごと。30年間で3回。計240万円
・浴室の換気扇交換
   15年ごと。30年間で2回。計5万円
・台所レンジフード交換
   20年目に交換。30年間で1回。計9万円
・給湯器や暖房器の交換
   15年ごと。30年間で2回。計50万円
・室内の換気装置の交換(集中換気の場合)
   20年目に交換。30年間で1回。計12万円
・水栓金具の部品交換
   15年ごと。30年間で2回。計9万円
・内装の張替え
   20年目に交換。30年間で1回。計50万円

以上のものだけで、375万円となります。
その他、電球の交換や床のワックス掛けなども含めると、30年間で400万円程度と考えられます。月あたりにすると360で割って、
1ヶ月11,000円となります。

 修繕費用は仕様や家の大きさによってかなり異なってきますので、家を計画する際には必ず、修繕計画も作ってもらうようにしましょう。

●リフォーム費用

 子供が独立して出て行ったり、介護が必要になったりと生活の変化に合わせてリフォームすることもあるでしょう。
 今後リフォームローンももっと整備されて行くこととは思いますが、できればリフォーム費用もある程度は積み立てておきたいものです。

 匠アトリエフォーがイチオシでおすすめしている、大きな空間が取れる強い構造のSE構法では、初めに計画的に間取りを考えて工事しておけば、リフォーム費用を少なく抑えて間取りを変える事も可能です。

 建てる段階で長期的な視野を持って家づくりを計画する事が、長い目で見れば住んでから後々お得だと言えます。

【住宅リフォーム費用の目安】
キッチン等給排水設備の改善工事・・・約206万円
トイレの設備改善工事・・・約100万円
浴室の設備改善工事・・・約178万円
屋根のふき替え工事・・・約147万円
屋根・外壁等の塗り替え工事・・・約217万円
※国土交通省「増改築・改装等実態調査結果(平成18年分)」より

 以上水まわりの住宅設備のリフォームが主ですが合計すれば848万円のリフォーム費用となります。30年間の月額に換算すれば約23500円です。

 前記の修繕項目との重複分(外部塗装と水まわり機器・器具交換の1回分)を差し引いた合計額は約985万円で、30年間の月換算では約27400円です。

 このように、住宅維持のための積立金は、リフォームをしないと考える場合で月1万円、リフォームを見込めば少なくとも月2万円〜3万円を積み立てて行くのが望ましいということになります。

←自己資金とローン選び  →土地さがし、失敗しないために

まずは資料をご請求ください

↑ページのはじめへ

〒641-0044 和歌山県和歌山市今福5-3-3 TEL.073-428-0314 takumi@atelier-4.jp [和歌山 工務店] 株式会社 匠アトリエフォー